乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者講座、受付開始!

最終更新: 2020年1月14日


お待たせしました! 今年も赤ちゃん、こどもたちのためのラヴィングタッチケアを養育者へ伝える指導者講座を大阪で開講します。

触れることは、赤ちゃん、こどもたちのこころとからだの成長に大きな役割を持ち、対人関係や身体感覚、自己肯定感や生きる力を育み、親子の絆を深めます。

この講座は、生後すぐの新生児から3歳くらいのキッズまでを対象としたタッチケア教室を、修了試験の翌日からご自身で開催できることをひとつのゴールにしています。

これまでに学んでこられたタッチケアやタッチセラピー、感覚統合や乳幼児の発達についての知識とご自身の専門性を統合し、「本当に伝えたい」タッチケアを形にしていく講座になります。

なぜふれることが重要なのか、解剖学や生理学、心理学、発達理論から導き出されたタッチケア理論と赤ちゃんからこどもたちまで大喜びのタッチケアの手技、ご自身とのつながりを深めるワーク、伝えるテクニック、乳幼児のこころとからだについての基本的な知識、また症状があるときの注意点などを学びます。

お問い合わせはお気軽にメッセージをお送りください。 ご一緒できますことを楽しみにしています。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

効率的ではない

今日はおひな祭り。 娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。 とても興味深いテーマをいただきました。 原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。 とても非効率。

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram