top of page

4月23日(土)

|

オンライン

【満席】特別なケアが必要なこどもと家族のつながりと安心感を支える小児タッチケア 理論と実践 第3部

ラヴィングタッチケア基礎講座受講者、赤ちゃんのためのタッチケアとふれあい歌タッチケア、NPO法人KAFラヴィングベビータッチインストラクター講座いずれかの受講生を対象にしています。

お問い合わせをありがとうございます。こちらの講座は満員となりました。またの機会を楽しみにしています。
See other events
【満席】特別なケアが必要なこどもと家族のつながりと安心感を支える小児タッチケア 理論と実践 第3部
【満席】特別なケアが必要なこどもと家族のつながりと安心感を支える小児タッチケア 理論と実践 第3部

日時・場所

2022年4月23日 10:00 GMT-7

オンライン

イベントについて

*こちらの講座受講は、ラヴィングタッチケア基礎講座、赤ちゃんのためのタッチケアとふれあい歌(リズミックタッチケア)講座、NPO法人KAFラヴィングベビータッチインストラクター講座いずれかの受講生を対象にしています。

また第3部だけのご受講はできません。第1部・第2部のご受講をお願いしています。→既に終了しました。

つむぎの森でのラヴィングタッチケア基礎講座受講者を対象に、

小児緩和ケア領域、NICU、在宅訪問などでの小児がんや症状のある

特別な医療ケアが必要なこどもへの家族の関わりを重視するタッチケア活動から考える

つながりと安心感とを支える小児タッチケアについての考察を土台にした

3部からなる講座を開講します。

ケアルーム、在宅訪問、市中病院の小児病棟、NIC Uで小児がん、白血病、低出生体重の赤ちゃんや

難病のお子様へベッドサイドでご家族からの安全で絆を深めるタッチケアを伝えています。

成長期の子どもにとっての病気や入院治療は、症状、治療の辛さに加えて、大好きな家族や友人に会えず、

子どもらしい自由な動きも遊びも学業も制限される大きなストレスになります。

年齢が進むと自分の病気を知り、周囲に心を閉ざしてしまうことも少なくありません。

病気のこどもたちへのタッチケアは、発達途上であることや、疾患や治療による身体的な脆弱性を有し、

発達年齢によってコミュニケーションや病気の理解、痛みの表現も異なります。

この講座では、子どもの発達に合わせたサポート、

心と身体の状態、行動のアセスメントによるタッチケアの組み立て、介入時の注意点、

また終末期も視野に入れたこどもと家族の支援について

「ただ一つの正解」ではなく、考察とディスカッションも含めて深めていく内容となっています。

全3日間の講座はオンライン開催となります、

第1部は、タッチケアや子どもたちの環境、発達についての概論となり、

第2部は、全人的ケアとしてのタッチケアの実践について、知識と経験を積んだセラピストとしてのタッチケア、

家族への指導を含めた実践ワークを行います。

第3部は事例をもとに実践ワークを行います。

<テーマ>

「特別な医療ケアが必要なこどもへの家族の関わりを重視するタッチケア活動から考える

〜特別なケアが必要なこどもと家族の

つながりと安心感を支える小児タッチケア 理論と実践 」

<対象者>

:つむぎの森主催の「ラヴィングタッチケア基礎講座修了者」

「赤ちゃんのためのタッチケアとふれあい歌(リズミック)タッチケア講座修了者」

「NPO法人KAF認定ラヴィングベビータッチインストラクター講座」のいずれかの受講修了者

<日程と時間>

第3部 2022年4月23日10時〜11時(延長最大30分)

<お申込み方法>:事前申し込み、事前振込みをお願いします。

<キャンセルポリシー>:後日視聴(1ヶ月間)いただけます。

ただし、講師都合、天災、不慮の事故などの場合は全額をご返金いたします。

◆講師:はやしひろこ

◆講座のコンテンツ予定(予告なく変更になる場合があります)

<第1部 >→終了

・病気のこどもへの小児へのタッチケア

・特別なケアが必要なこどもたち 小児緩和ケアも含む

・病気と診断されたこどもたちの心と身体、環境

<第2部 >→終了

・病気のこどもたちの心と身体 環境

・こどもの発達段階と痛みの表現

・発達段階による病気の理解とコミュニケーション

・特別なケアが必要なこどもへのタッチケア介入手順例

・こどもの行動評価とタッチケア

・小児タッチケア施行時の注意点と感染対策

・小児タッチケア最新の研究

・こどもと家族の関わりの支援のポイント

・こどもの非言語的サインとアセスメント

・ポリヴェーガル理論から考えるアタッチメントと安心感のケア

・車椅子やベッドの上でもできる小児タッチケア手技ライブラリ

<第3部>

・小児タッチケアの実践

【必ずご確認下さい】

修了書などの発行はいたしません。

また配布資料はファイルを送付しますので各自でのご準備となります。

◆講師プロフィール:

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®主宰

保育士

ラヴィングタッチケア®Founder、ラヴィングタッチケア®プロジェクト主宰。

米国Touch Research Instituteでの研修、医学部生、看護協会、看護大学、幼稚園、小学校などでの講師活動、

子育て、臨床の場での施術経験からラヴィングタッチケア®を伝える。

2005年より乳幼児へのタッチケア指導を行い、ラヴィングベビータッチ教室を開催。

市中病院や在宅での小児がんや難病のこどもたちへのタッチケア、NICU・GCUでも活動を行っている。

大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。日本心理学会認定心理士。

著書に「赤ちゃんとママのしあわせタッチケア~ラヴィングタッチで親子の絆をはぐくむ♪」学陽書房

  • 認定ABA(Applied Behavior Analysis 応用行動分析)セラピスト (ABAセラピスト研究会)
  • 米国リドルキッズ協会・日本ベビー&チャイルドケア協会認定    医療的ケアが必要なこどものための小児タッチセラピー上級指導者
  • TRI(Touch Reserch Institute in University of MIAMI ) intensive training course on conducting touch therapy research 修了
  • ​ニューロフィードバック(脳波)指導者1級
  • 2008年、小児科医、産婦人科医、神経内科医、循環器医、心療内科医らと流派を越えて安全 なアロマセラピーの普及啓発をめざし NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラムを立ち上げる。(2016年任期満了で理事を退任)
  • 兵庫県 医療的ケア児等支援者認定
  • 認知行動療法(CBT)による児童心理カウンセラー講座 修了
  • Brazelton Institute at Boston Children’s Hospital Newborn Behavioral Observations system ブラゼルトン研究所 新生児行動評価(NBO)新生児と乳幼児を扱う専門家のためのトレーニング修了
  • Esalen® Professional  course 修了
  • ​こどもホスピス・小児緩和ケア人材育成プログラム修了(認定NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト)
  • TRE® トラウマ解放エクササイズ 修了
  • 公益社団法人子どもの発達科学研究所認定 こころの発達アテンダント認定講師
  • BABC認定Registered Behavior Technican (RBT)応用行動分析テクニシャン 認定コース修了・実技試験合格
  • 日本感覚統合学会 感覚統合療法 基礎・応用コース修了
  • Social Emotional Learning支援者養成講座終了(together認定)
  • Movement Based Learning (BBAs ビルディングブロックアクティビティ)講座修了
  • 日本PNF協会 Tsuji式PNF (Proprioceptive(固有受容性感覚器)Neuromuscular(神経筋)Facilitation(促通テクニック)ベーシック・アドバンス修了
  • Rhiannon Harris 臨床アドバンスアロマセラピー 「がんケアにおける炎症治療と疼痛管理」
  • Rhiannon Harris 臨床アドバンスアロマセラピー 「がんおよび緩和ケアにおける臨床アロマセラピー」
  • NPO法人日本ホリスティック医学協会常任理事(任期満了により退任)

ご不明な点などありましたらお気軽にご相談ください。

ご一緒できますことを楽しみにしています。

はやしひろこ

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森

チケット詳細

  • 特別なケアが必要なこどもと家族の小児タッチケア理論と実践第2

    2022年1月8日13時ー17時オンライン開講のお支払いはこちらです。 こちらはつむぎの森主催のラヴィングタッチケア基礎講座受講者、赤ちゃんのためのタッチケとふれあい歌(リズミック)タッチケア講座いずれかの受講者を対象としています。

    ¥18,000
    消費税:消費税込み

合計

¥0

このイベントをシェア

イベント情報: Events
bottom of page