top of page

TRI研修報告会、開催します

KAF認定ラヴィングベビータッチインストラクター養成講座を

6月に開催しましたが、

このたび2名の方が、すべてのレポートと課題を提出され、

合格基準に達する素晴らしいレポートを審査した結果、

合格となりました。


おめでとうございます!


お二人とも現役の看護師さん。

忙しい業務を努めながら、

ベビーマッサージ教室のデモを行い、

詳細なカルテにまとめてくださいました。


どちらの方も、

ラヴィングベビータッチによるベビーマッサージが

お母さんと赤ちゃんの関係を

心地よく強めていくためのサポートを

実際に行ってみて、


より深いタッチケアの効果を感じられていました。

教室での赤ちゃんの笑顔に勝るものはありませんね。

そしてお母さんの慈しみに満ちた表情や眼差しも。


本当におめでとうございます。

これからもますますのご活躍をお祈りしています。



また、8月のKAF総会でも

マイアミ大学タッチリサーチ研究所での

研修報告をさせていただきましたが、

20分という短い時間だったので、

もう少しゆっくり時間をとって聞きたい!

というご要望をたくさん、いただきました。

リクエストしてくださったみなさま、

ありがとうございます。



2009年10月31日のKAF アロマカフェ後に


『TRI(Touch Research Institute)での

ベビーマッサージ実践報告 第2弾』


を開催します!


■日 時:10月31日(土曜日)

■場 所:西宮北口駅前プレラ4階415号室

     17時~19時(質疑応答含む) 

■参加費:会員2,500円、一般3,000円(当日徴収します)



米国マイアミ大学に1992年に設立された

「タッチリサーチ研究所(TRI)」の

ティファニー・フィールド博士らの研究により、

ハイリスク新生児へのタッチケアが、

体重の増加や消化機能の改善、

ストレスの軽減などに効果があることがわかってきました。


触覚の刺激と新生児の発達に関する

画期的な研究をはじめとして、

フィールド博士は多くの研究を通して、

タッチケアがそれを受ける子どもたちだけでなく、

施術者であるお母さんにも同じようにストレスを改善し、

ホルモン分泌を促し疲労を軽減することを示唆しています。

今回は、低出生体重児への保育器の中で行なうベビーマッサージの実際や、

さまざまな研究の数々など研修の報告会を行ないます。

フィールド博士のユニークな研究や、

お人柄に触れるエピソードを含め、

タッチケアにご興味のある方は是非お集まりください。

コメント


bottom of page