皇居ラン♪

最終更新: 2020年12月4日

立春は朝ランから。

四谷麹町半蔵門から桜田門、二重橋から竹橋、千鳥ヶ淵から四谷へぐるっと10キロ。

反対周りは禁止なんですね。

ホテルのランニングマップで知りました。

憧れの皇居ランナーになりました!!



そして、夕暮れ時。 ガラガラと扉を開けると「へい、らっしゃーい」と迎えてくれた店員さんが、 あ、という顔をして笑ったのは、 ホテルと駅の間にあるこの店の「鶏と豚のカプチーノ」なるスープが気になり、 昨日から通るたびに6回も店内を覗き込んでいたわたしを、どこかで見られていたからかも^ ^ ようやく想いを遂げました。 フワフワ真っ白の鶏と豚のカプチーノなスープ、最後の一滴まで飲み干しました^ ^


ありがたいことに、東京に来ている間にいくつかの案件がサクサクと決まっていきました。 今日だけでたくさんの方に会いました。 大阪大学でのタッチケア講義、そして東京での重症児者へのタッチケア研修も決定! 何回も行っているのでアップデートして、内容も変えたいのです~と相談すると、 「入門研修です。誰もがわかる基本でお願いします」との言葉に、たしかに確かに。 ついつい、小難しい理論で賢そうに見せたくなりますが、誰でもすぐに安全に実践できる、というベースラインは大切! はい、入門に徹します。 そして、4月のはやしの東京での主催講座の会場も決まりました。 風通しの良さそうな会場です^ - ^



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram