運動と感覚の統合 歩行を評価する

最終更新: 2020年12月4日

運動療法家の範疇では収まらない、大スケールの「世界のTK」こと、近藤拓人先生の『運動と感覚の統合 歩行』講座へ。

周り360度、アスリート度とマニアック度と熱量の高そうな受講者に囲まれ、運動不足丸出しの在り方に恥ずかしさを感じつつ、いつものごとく、とてつもない情報量とワークに、頭フル回転で臨みました^ ^

歩行のバイオメカニクスから評価のワーク。半球間抑制の判別テストでは、筋肉や姿勢、眼球運動、舌や軟口蓋、前庭のチェックから神経システムの評価を行います。テスト=感覚入力のエクササイズにもなるので、ほんの微細な刺激で、大きく姿勢や動作が変化します。

刺激量がわたしには多すぎたようで、若干、船酔い状態です。写真は盲点のチェック♪真剣です。

タッチケアでどんな風に活かせるか。肌に触れることはボトムアップからの脳への感覚入力。神経システムへの介入の可能性を深めています^ ^

にしても、わたしののどちんこときたら!お見せできません><





11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

赤ちゃんの好きな声

小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア レッスン。オンラインがメインになりつつありますが今日は訪問です。 電車を乗り継いで来ていただくのは負担が大きいので、去年からは初回は訪問、あとはオンラインで、という形が主流になってきています。 マスクに手袋に手洗いに手指消毒、と物々しい厳重体勢なので赤ちゃんに表情を見せることができないことが残念ですが、お母さんにお願いをして、豊かな表情と声を使っていただきます

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram