足裏から身体をみる ♪ホリスティックリフレクソロジー講座

最終更新: 2020年1月14日

ホリスティックリフレクソロジー講座、DAY5DAY6終了!





前回から2ヶ月間の時間をとったのは、足についての考察を深め、リラクセーションテクニック、約100ある反射区の位置と機能を覚え、練習する時間を取るため。

猛練習と「足漬け」の二ヶ月間の成長のあとがはっきりわかる素晴らしいフルセッションでした。





毎日、練習台になってくださったご家族のみなさま、ありがとうございます😊

なかには、二ヶ月で健康的に5キロも減量されたかたや、本当に久しぶりに眠れるようになった方、大切な方の最後の日々に足へのタッチケア で寄り添われた方、高齢のお母様へのリフレクソロジーが新しい家族の関係性を築いておられるかたも。

足への反射区療法は、ソフトなタッチで神経系から臓器に働きかけ、同時にオキシトシンの分泌を促して安心感から心を暖め、足部や下腿から全身の柔軟性を高めます。






リフレクソロジーの施術に加えてコンサルテーションのワーク、症状に応じた反射区の選択、リラクセーションテクニックとふくらはぎへのオイルマッサージのペアワークのあとは、首がスルスル回る!腕が上がる!身体のどこにも痛みがない!肩も目もスッキリ!といつも驚きの声が上がります。足にしか触れていないのに。







わたしは、今日は手技チェックのため6人のフルセッションを受けました。暖かく包み込まれる手とまなざしのなか、気持ち良すぎて寝落ちしないように必死でした。

ポカポカの軽くなった足、世界にきちんと足が着地しているなんとも言えない、優しい満たされた感覚を楽しんでいます。

これぞ、満足です✨



15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

効率的ではない

今日はおひな祭り。 娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。 とても興味深いテーマをいただきました。 原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。 とても非効率。

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram