足裏から身体をみる ♪ホリスティックリフレクソロジー講座

最終更新: 1月14日

ホリスティックリフレクソロジー講座、DAY5DAY6終了!





前回から2ヶ月間の時間をとったのは、足についての考察を深め、リラクセーションテクニック、約100ある反射区の位置と機能を覚え、練習する時間を取るため。

猛練習と「足漬け」の二ヶ月間の成長のあとがはっきりわかる素晴らしいフルセッションでした。





毎日、練習台になってくださったご家族のみなさま、ありがとうございます😊

なかには、二ヶ月で健康的に5キロも減量されたかたや、本当に久しぶりに眠れるようになった方、大切な方の最後の日々に足へのタッチケア で寄り添われた方、高齢のお母様へのリフレクソロジーが新しい家族の関係性を築いておられるかたも。

足への反射区療法は、ソフトなタッチで神経系から臓器に働きかけ、同時にオキシトシンの分泌を促して安心感から心を暖め、足部や下腿から全身の柔軟性を高めます。






リフレクソロジーの施術に加えてコンサルテーションのワーク、症状に応じた反射区の選択、リラクセーションテクニックとふくらはぎへのオイルマッサージのペアワークのあとは、首がスルスル回る!腕が上がる!身体のどこにも痛みがない!肩も目もスッキリ!といつも驚きの声が上がります。足にしか触れていないのに。







わたしは、今日は手技チェックのため6人のフルセッションを受けました。暖かく包み込まれる手とまなざしのなか、気持ち良すぎて寝落ちしないように必死でした。

ポカポカの軽くなった足、世界にきちんと足が着地しているなんとも言えない、優しい満たされた感覚を楽しんでいます。

これぞ、満足です✨



最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、こころでふれる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ