赤ちゃんへのタッチケアと手遊び歌タッチケア

最終更新: 1月31日

午前と午後で異なる3週連続講座、今日はどちらも最終回。 午前の部が、無事に終わりました。

オンラインでのタッチケア レッスンは行っていますが、タッチケア 講座は実際にお会いすることにこだわってしまい、去年もオンラインでは本格的にできませんでした。

3週連続講座は、わたしにとってもチャレンジでしたが、本当に良い空間、学びの場になりました。 午前の講座「赤ちゃんのためのタッチケア と手遊び歌タッチケア 」は20年近く、赤ちゃんとご家族にタッチケア をお伝えする中で、大切なエッセンスをぎゅうっと濃縮して、タッチケア の基本手技と意味を知り、発達のマイルストーンの視点から、今、目の前にいる子とお母さんお父さんに、「遊び」を通して、発達を穏やかにサポートする関わりを学びつつ、実際に手遊びタッチケア を作り上げるという贅沢な内容でした。

定員をオーバーする方にご参加いただき、関心の高さに驚きました。 今日は、各グループでアイデアをだし、ディスカッションして作り上げた手遊び歌タッチケア のお披露目もしていただきました。


生後2週間のお母さん、子育て真っ只中のお母さん、幼稚園や保育園の先生、作業療法士、看護師、助産師さんなどが一つの空間に集い、歌を作るグループワークのみなさんの楽しそうなこと! 歌う声の優しいこと! こんなタッチケア もあるね、こんな視点からもアプローチできるね、 こんな楽しい工夫ができるね。 そんな声があちこちから聞こえました。 こんな関わりがもっと早くにあればよかった、ここに参加してるだけで、タッチケア を受けた気分になれた、早く子どもたちにタッチしたくなった。 シェアからもたくさんのヒントと学びがありました。 ご参加くださったみなさま、ありがとうございました 今度はフォローアップでお会いしましょうね。 残念ながらオンタイムでご参加いただけなかったみなさまも、きっとまたお会いしましょうね。

午後はこどもの発達講座です。「子育てを科学する」最終回は三項随伴性、行動分析からこどもにあった支援を考えます。お茶を飲んだらスタートです!



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram