赤ちゃんとこどものためのラヴィングタッチケアの伝え手になる

最終更新: 2020年1月14日

今日からスタートした、乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者講座。

NPO時代から通算すると12期目になります。




テキストもさらに改訂し、タッチケア理論編と実技編の合計310ページを超える大作になりました。

最新の情報、リサーチも含め、実技編の手遊び歌にも、新曲が加わりました^ ^

手技を伝える講座は、なるべく少人数で、できればマンツーマンが良いなあといつも思っています。今回ご参加の二名は、偶然二人ともNICUで働いていた医療職の方なので、トピックごとのディスカッションがとても深い!楽しみで仕方ありません。

そして、毎回そうなるのですが、理論の講義の間、なぜかみんな涙を流しています^ ^





今夜は赤ちゃん人形たちだけでケアルームにお泊まりです。

どんな話をしているのかな。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

赤ちゃんの好きな声

小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア レッスン。オンラインがメインになりつつありますが今日は訪問です。 電車を乗り継いで来ていただくのは負担が大きいので、去年からは初回は訪問、あとはオンラインで、という形が主流になってきています。 マスクに手袋に手洗いに手指消毒、と物々しい厳重体勢なので赤ちゃんに表情を見せることができないことが残念ですが、お母さんにお願いをして、豊かな表情と声を使っていただきます

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram