触れる、わたしとつながる、ラヴィングタッチケアアドバンス講座千葉開催♪

最終更新: 1月14日

ラヴィングタッチケア アドバンス講座DAY1DAY2を千葉で開催しました♪

愛を込めて触れ触れられる幸せを涙と笑いの中で味わう2日間でした^ ^


去年の千葉での基礎講座の受講生がほとんどご参加くださり、

定員をはるかに超えての開催でした。

とても嬉しいです😊


会場を提供してくださった児童発達支援事業所アースオブチャイルドさんのアットホームな雰囲気もとても心地よい空間でした。


ラヴィングな在り方を実践してきた一年の成長と気づきを、再会の喜びとともにシェアしました。



DAY1DAY2のテーマは「わたしとつながる」


人を慈しむまなざし。

人生の目的を実現する呼吸。

愛着スタイルからも「わたし」の構成成分への理解が深まります。


原初の海でのいのちの体験。

母の胎内で見た夢。

生まれ出て最初の呼吸。

尊重と受容のまなざしの中での安心感。

声の響きの大いなるエネルギーに心を揺さぶられました。




ほんの10分のタッチケア で、ぎっくり腰の痛みが和らぎ、立位で靴下が履けるようになり、顔のラインが変化し、一皮も二皮も向けた清々しく生まれ変わったような表情になりました!タッチのパワー、おそるべしです^ ^




触れることは生きること。

最高の仲間とのたくさんの笑いと、歌声と、涙の時間が愛おしいです^ ^

どの瞬間も愛の中にいたみなさま、本当にありがとうございました😊次回を楽しみにしています!

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、こころでふれる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ