top of page

解決志向型のホリスティックコミュニケーション

昨年の12月から黒丸医師の

「ホリスティックコミュニケーション」の

連続講座を受けています。


今回のホリスティックコミュニケーションは

心理療法の中の

ソリューションフォーカスアプローチ法を

徹底的に学びます。

解決指向型アプローチといわれている手法ですが、

クライアントの問題をなっていることを

グループワーク、ペアリングでのワーク、

デモンストレーションによるワークなどで

実際の臨床の場で応用ができるレベルまで

叩き込まれます。

ワークショップがどきどきしています。


参加者は現役の医師や看護師が半分を占め、

もうすでにセラピストとして

活躍している方やカウンセラーの方など

とてもハイレベル。

そしてみなさんKドクターをこころから慕っている

暖かな雰囲気。

そんな学びの場でのワークショップは

クライアント役として語られる内容が

とても深く、人生を感じます。


黒丸先生のデモンストレーションを見ていると、

するすると解決の糸口が見え、

セラピストがとくに語ることもなく、

インナーチャイルドを取り上げるでもなく、

クライアント自身に深い気づきが生まれ、

「予定通り」解決に導かれているのです。

見ていると、ほんとうにマジックにかかっているかのようですが、

ひとつひとつの選び抜かれた言葉や

相槌や感嘆の声などが

クライアントの心に寄り添っていることが分かります。


寄り添う。


見守る。


言葉では簡単なこの行いにどれだけ

こころを込めることができるか。

単なるテクニックではないのですね。


後2ヶ月。

がんばって身につけます♪

それにしても京都は寒かった。

ず~っと雪でした。

やれやれと思って大阪に帰ると、

こちらも雪が積もっていて、

庭には子どもたちが作った可愛い雪だるまがたっていました。

みなさんも暖かくして、

しょうが湯飲んで、早く寝てくださいね!

Comments


bottom of page