自閉症の子どもたちのタッチケア レッスン

最終更新: 2020年1月14日

‪自閉症の子どもへのタッチケアレッスン。

今年に入って、自閉症の子どもたちへのレッスンが増えています。


今日は中学生の男の子とお母さん。


初回は様子を観察して関係性を作ることを大切にしていますが、

カリンバを弾いたり、レインスティックで遊ぶうちに打ち解けたようで、すんなりとマッサージテーブルにあがり、足や背中を出してくれました。‬


‪タッチケア は治療を目的にしていません。


学校で、療育で、本当に頑張っているこどもたちに、

「うんうん、よくやってる、お母さん、わかるよ」と

ただ、触れることをメインにお伝えします。

お母さんも、誰よりも頑張っておられるので、お母さんも癒されるタッチをお伝えします。

「こんなのでいいの!」‬

‪と驚かれる方も少なくありません。


いつからかわたしたちは、


「多いほど良い。強いほどよい。たくさんするほど良い」と思わされていて、

どの瞬間も「意味あること」に繋げないとダメなんだと自信をなくしています。


ほんわり、なんかあったかい、なんか落ち着く、なんか嬉しい。


この一見無意味で非生産的な「なんか」が‬ ‪人を生きさせ、呼吸のスペースを与えてくれているように感じます。


レッスンが時間通りに終わると、しっかり目を見て、‪「また来るね」と手を振って帰って行かれました^ ^

きっとまた、きてね!

107回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

効率的ではない

今日はおひな祭り。 娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。 とても興味深いテーマをいただきました。 原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。 とても非効率。

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram