紀の国、木の国、光と海と山の国




今日は海と山へ。

めちゃくちゃ歩きました^ ^

和歌山県立美術館から、歴史博物館へ。行きたかった「bring book cafe」はゆったり時間が流れる空間でした。

後ろに見えるのは和歌山城です。明日はお城に行きたいな。






江戸末期、ロシアからの黒船に備えて紀州の殿様が番所と台場を作った雑賀崎。真っ青な海にクラゲの大群が泳いでいました。


ここからはひとりで日本三大天神の和歌浦天満宮から御神体の天神山登拝。

青石の階段を頑張って登った甲斐のある絶景でした。

高野山丹生都比売神社と関係の深い塩竈神社は今回2回目。御神体は輿の窟という岩穴に鎮座しています。巨石の中の拝所は幻想的。

お隣の玉津島神社では夏目漱石らが訪れていた明治大正時期の写真を展示されていました。あの時代にはエレベーターが付いていたそうです。

宮司さんに勧められて聖武天皇も登拝された奠供山と鏡山も登りました。ここも絶景!

そして、雑賀城跡のある妙見山。

二年前に訪れたとき、とても印象に残った徳川家の殿様が紀三井寺を遥拝するために整えた妹背山。

400年の歴史ある石橋が台風で壊れていて立ち入り禁止になっていました。修復に何年もかかるそうです。


関西最強の温泉花山温泉を目指して、早朝から歩き続けました。和歌浦の花山温泉、すごいのですよ!!秘湯マニアの夫と日本各地の温泉に行きましたが、大阪から高速で1時間ほどなのに、信州の秘湯並みの泉質と雰囲気。


そして、いまここ。

片男波の夕景ショーが始まりました。

光の粒子が優しいです。

日が暮れたら花火大会です^ ^

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram