top of page

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。

定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行うことの意味を深化できました。

落とし込み、つなげていきます😊



Kommentarer


bottom of page