病気のこどもたちへのタッチケア~ふわ~ぴた~

最終更新: 2020年1月14日

月に2回、市中病院へ、入院しているこどもたちへのタッチケア活動に伺っています^ ^

毎回、さまざまな病棟に伺い、ご家族からこどもたちへのタッチケアの指導をしています。

今月の1日目は、よちよち歩きのこどもたち、お父さん、お母さん、看護師さんも、保育士さんも、ホスピタルプレイスペシャリストさんも一緒に、大人数でのグループでのタッチケアレッスンになりました。 ららら、ぞうきん〜♪の声が重なります。 同じ歳くらいのこどもたちとの交流から得られるものは病気のあるなしに関わらずとても大切です。目と目で、言葉で、タッチで、コミュニケーションが自然に行われて、よく笑い、そのまま眠ってしまうこどもたちも^ ^ 楽しいね、気持ちいいね、嬉しいね。

2日目は もっと小さなこどもたちが待っていてくれました^ ^

ひと月ぶりに会うこどもたちは、体重も増え、大きな変化をいつも見せてくれます。 言葉をまだ持たないこどもたちの、ほんの微かな表情から思いを汲み取り、繊細なセンサーを発動して、からだと心の状態に寄り添います。 笑顔に、幸せに包まれます✨

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

効率的ではない

今日はおひな祭り。 娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。 とても興味深いテーマをいただきました。 原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。 とても非効率。

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram