有機的に繋がり合う私たちのからだとfascia。 anatomy train®︎をThomas Myersに学ぶ

最終更新: 1月14日

昨夜は心理学の研修が終わってから東京へ。

人体は、筋筋膜fasciaのラインで繋がり、ひとつの有機体として機能するという「anatomy train®︎」説を提唱されているThomas Myersのご講義のために、顎顔面口腔育成研究会の学術総会へ。




Thomas Myersは、アリゾナでのTod Garciaのラボでの解剖研修で5日間、朝から晩まで解剖講義をしてくださった恩師。筋膜について、人体について、解剖的な知見について、ご献体を前に実践的な講義を気さくにしてくださいました。

今日もホモサピエンス の進化と形態、筋膜について、飄々と、パワフルに、エネルギッシュに、時間いっぱいの充実した内容でした。歯科領域に特化した口腔と全身の繋がりについて、舌につながる足底のライン、赤ちゃんの時からの頭蓋へのアプローチの可能性、蝶形骨への筋膜ラインなどノートを取る手が止まりません。

Thomasのメッセージは明快。


外ですごそう

硬いものを食べよう

からだを動かそう


本当に。シンプルです。わたしもこの3日座ってばかりで、ムズムズしています。走りたい〜♪


笑顔がとってもチャーミングな、大尊敬する谷香織さんの通訳も、毎度ながら素晴らしくて感動です。こんなにスマートに英語と日本語を駆使できる方がいらっしゃるんだ!


学会参加がメインですが、昨日から参加されているタッチケアの盟友宮井ふみさんから、早朝嬉しいお誘いをいただき、開始前に神田明神に一緒に参拝させていただきました。








神田明神ガチャ、というのを見つけて二人とも興奮。思わずガチャを回していました^ ^





昼休みも、素敵なお招きが!

ふみさんと御茶ノ水を散歩して、ニコライ堂を見に行くことになりました。

ニコライ堂は何度も前を通ったことがありますが入ったことはありません。今日も外から眺めるつもりだったのですが、なんと、神父様が案内をしてくださる公開日だったのです。




ロシア正教の教会は初めてです。

ステンドグラスが美しい祈りの場でした。✨イコンが飾られたイコノスタシス、赤絨毯から続く天国の門、天使様やイエス様の物語、ロシア正教独特の十字架の意味などを教えてくださり、黄色の蝋燭を祭壇に灯させていただきました。天使様のイコンがクリムト風でした!

最高の学びの3日間。学会会場では、懐かしい方、憧れの方など、たくさんお会いできました。みなさま、ありがとうございました😊