応用行動分析とこども支援

最終更新: 2020年1月14日

この二日間は、心理学の研修を受けています。わたしはスライド資料も図版も全部ノートに書き写して、ほぼ逐語でノートを取る派。9時間半、ノートを書き続けて手がバキバキです。

今年から来年にかけて、心理学関係でいくつか資格を取得するので、毎日勉強漬けです。お風呂屋さん通いは別^ ^

自分の講座では、10時間くらい、ぶっ通しで話せるのですが、研修を受ける側になると、休憩時間が恋しくなるのだと分かりました。

わたしの講座を受講してくださったみなさん、ごめんなさい。これからはちゃんと休憩を入れます!

今回は教育関係者の多い研修なのでグループワークでのディスカッションも多様な見方が学べて、ワクワクします^ ^

こどもたちの支援に活かし、みんなが生きやすい社会を、どの側面からサポートできるのか、タッチケアとどう連携していけるか、頭がフル回転しています。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

効率的ではない

今日はおひな祭り。 娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。 とても興味深いテーマをいただきました。 原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。 とても非効率。

こどもの発達と脳の機能から子どもへの支援を考える

こどもの発達支援に関わる方や、子育て中のお母さんを対象にした発達講座をオンラインで開講しました。 この講座は、大阪大学大学院、連合小児発達学研究科、こどものこころの発達研究センターと連携し、国内外の最新の研究成果をわかりやすく、教育や子育ての現場に届けることを目的としたプログラムで、わたし自身はこのプログラムによって、新生児からAYA世代のこどもたちへの理解につながり、支援の引き出しが増えました。

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram