台風被災地へのタッチケア 支援♪ラヴィングタッチケア プロジェクト

最終更新: 1月14日

台風15号で大きな被害を受けた千葉県館山市でのタッチケア活動に、リーフレットをお送りします。

タッチケアは、赤ちゃんからこどもたち、大人から高齢の方まで、年齢を問わず行うことができる「触れるケア」です。





アメリカのTouch Research Institute(タッチ研究所)のティファニー・フィールズ博士は、フロリダ州を襲ったハリケーン被害にあった小学生にタッチセラピー研究を行いました。

対象となった児童全員が、事前の心理調査でPTSD症状を示し、画用紙に描いたのは、打ちのめされたような自画像でした。そして、児童全員がPTSDであることに、このタッチセラピー研究が入るまで、大人は気づいていなかったのです。

タッチケアには、道具がいりません。

互いの信頼感のもと、「触れてほしい人」に「触れてほしいところ」を「心地よく感じる方法」で優しくタッチを行います。

時間も、タッチの圧もスピードも、タッチを受けるかたの希望を大切にします。

フィールズ博士の研究では、タッチセラピーを受けた児童は、PTSDの症状が和らぎ、描画も明るく力強く大きく変化しました^ ^

肌の境界線を尊重する、ラヴィングなタッチが、まなざしが、優しい声かけが、おからだと心の痛みを和らげ、ほっと呼吸ができる時間になりますように。


プロジェクトに賛同し、ご協力いただいたみなさまに感謝いたします。

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、こころでふれる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ