医療的ケアが必要な赤ちゃんへのタッチケア歌♪

最終更新: 1月14日

小児病棟でのタッチケア活動でした。

今日は台風のような暴風で、病院まで自転車で30分ほどの道のりが、風にあおられて前に進まず、途中であきらめて自転車を駐輪場に止め、電車と徒歩でたどり着きました^ ^みなさまは大丈夫でしたか?


小児病棟を中心に、さまざまな科を周ります。

長期の入院をしている小さなこどもたちには、できるだけ新しい歌とタッチケアをお伝えしたいのです。

なるべく単純で、聞いたことのあるメロディで、こどもたちの体調に合わせてスピードを自由に変えられて、アレンジが効いて、こどもたちのお名前を歌詞の中に入れることができて、エンドレスで歌うことができて、みんなが聞いて嬉しくなる曲!

今月の新曲、なかなか、良い反応です。

うとうとと傾眠傾向の赤ちゃんは、歌を聴くと嬉しそうに目を開けて、ゆっくりゆっくりと追視を始めてくれました。

初めてタッチケアをした赤ちゃんは、なんとも力の抜けた「いいお顔」になりました^ ^

わたしの顔を見ただけで、「あの、おもろいおばちゃんだ!」と分かって、足をバタバタして喜んでくれる小さな人たち。


ここはこどもたちへの声かけがとってもラヴィングな病棟です。

こどもたちにつきそうお母さんたちの不安や悩みや辛さをサポートするためにできることも考えてくださっています。

完璧はありません。悲しみも辛い涙も無力さに打ちひしがれることも、不条理に怒りを覚えることもあります。

それでも、この不完全な世界のなかで、ほんの少しでも、より良い明日に向かってできることを模索し続けよう、と想いを新たにしています。

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、こころでふれる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ