医療的ケアが必要な赤ちゃんへのタッチケア歌♪

最終更新: 2020年1月14日

小児病棟でのタッチケア活動でした。

今日は台風のような暴風で、病院まで自転車で30分ほどの道のりが、風にあおられて前に進まず、途中であきらめて自転車を駐輪場に止め、電車と徒歩でたどり着きました^ ^みなさまは大丈夫でしたか?


小児病棟を中心に、さまざまな科を周ります。

長期の入院をしている小さなこどもたちには、できるだけ新しい歌とタッチケアをお伝えしたいのです。

なるべく単純で、聞いたことのあるメロディで、こどもたちの体調に合わせてスピードを自由に変えられて、アレンジが効いて、こどもたちのお名前を歌詞の中に入れることができて、エンドレスで歌うことができて、みんなが聞いて嬉しくなる曲!

今月の新曲、なかなか、良い反応です。

うとうとと傾眠傾向の赤ちゃんは、歌を聴くと嬉しそうに目を開けて、ゆっくりゆっくりと追視を始めてくれました。

初めてタッチケアをした赤ちゃんは、なんとも力の抜けた「いいお顔」になりました^ ^

わたしの顔を見ただけで、「あの、おもろいおばちゃんだ!」と分かって、足をバタバタして喜んでくれる小さな人たち。


ここはこどもたちへの声かけがとってもラヴィングな病棟です。

こどもたちにつきそうお母さんたちの不安や悩みや辛さをサポートするためにできることも考えてくださっています。

完璧はありません。悲しみも辛い涙も無力さに打ちひしがれることも、不条理に怒りを覚えることもあります。

それでも、この不完全な世界のなかで、ほんの少しでも、より良い明日に向かってできることを模索し続けよう、と想いを新たにしています。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

効率的ではない

今日はおひな祭り。 娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。 とても興味深いテーマをいただきました。 原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。 とても非効率。

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram