医療的ケアが必要なこどもへのタッチケア

午後からは大阪市立総合医療センターで、アロマケアとタッチケア 活動♪ 月2日の活動ですが、許されるなら毎日ここにきて、

子どもたちや赤ちゃんにタッチケア をしていたい、とさえ思います。 厳しい病状の中で、辛さを見せず、懸命に治療に向き合うこどもたちが、

お父さんお母さんのタッチに笑顔を見せてくれます。


買ったばかりでまだまだ使いこなせていないiPadですが

頑張って赤ちゃんのお口のタッチケア のイラストを描いてみました♪



これは明日の医療センターでのタッチケア で使おうと思います^ ^



活動終了後は、抗がん剤治療中の方の病室へタッチケア に伺いました。

ガン治療のサポートにケアルームに通ってくださったかたが、

医療センターに移って来られたのです。

胸が張り裂けるような悲しいお話しを伺い、お身体にふれる時間になりました。 今晩は、ゆっくり眠れるといいな。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

効率的ではない

今日はおひな祭り。 娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。 とても興味深いテーマをいただきました。 原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。 とても非効率。

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram