入院しているこどもたちに寄り添うタッチ ケア

市中病院の小児病棟でのタッチケア活動日。

ありがたいことに、たくさんのご希望をいただきます。ご希望くださった全員のベッドサイドを周りたいのですが、外来や検査やリハビリやお風呂やおやつタイムが入り、お母さんの予定やこどものご機嫌などで、どんどん変わる予定に対応しています。

病気や術後の対応、発達、薬剤の影響、心身の状態をアセスメントし、こどもの好奇心や希望をキャッチし、お母さんのお気持ちや家族関係や、その日のお天気や痛みの程度まで考えて、どんなタッチができるかを考えます。

ハイタッチできるときには少し元気になれるタッチを、目を開けることもつらそうな時は、静けさと穏やかさを感じるタッチを、小さなベッドの中で力を持て余している時は歌と一緒に笑い転げるタッチを、発作が連続して腕に力こぶができている時には、声とまなざしと呼吸のタッチを。

たくさん話したいお母さん、誰とも話したくないお母さん、触れた瞬間に涙が出てくるお母さん、いつもニコニコ気丈に振る舞うお母さん。

「病院でこんなふうに触れてもらえるなんて、それだけで癒されます」

そんなお母さんの言葉を、医師や看護師さん、保育士さん、ホスピタルプレイスペシャリストさん、PTさんが「良かったね」と声かけしてくださいます。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram