入院しているこどもたちに寄り添うタッチ ケア

市中病院の小児病棟でのタッチケア活動日。

ありがたいことに、たくさんのご希望をいただきます。ご希望くださった全員のベッドサイドを周りたいのですが、外来や検査やリハビリやお風呂やおやつタイムが入り、お母さんの予定やこどものご機嫌などで、どんどん変わる予定に対応しています。

病気や術後の対応、発達、薬剤の影響、心身の状態をアセスメントし、こどもの好奇心や希望をキャッチし、お母さんのお気持ちや家族関係や、その日のお天気や痛みの程度まで考えて、どんなタッチができるかを考えます。

ハイタッチできるときには少し元気になれるタッチを、目を開けることもつらそうな時は、静けさと穏やかさを感じるタッチを、小さなベッドの中で力を持て余している時は歌と一緒に笑い転げるタッチを、発作が連続して腕に力こぶができている時には、声とまなざしと呼吸のタッチを。

たくさん話したいお母さん、誰とも話したくないお母さん、触れた瞬間に涙が出てくるお母さん、いつもニコニコ気丈に振る舞うお母さん。

「病院でこんなふうに触れてもらえるなんて、それだけで癒されます」

そんなお母さんの言葉を、医師や看護師さん、保育士さん、ホスピタルプレイスペシャリストさん、PTさんが「良かったね」と声かけしてくださいます。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人体のもっと奥へ Todd Garciaの解剖ライブストリーミング

新年早々から、素晴らしい学びになりました。 アナトミートレイン筋膜解剖オンラインクラス、頭頸部にフォーカスした2日間6時間のライブストリーミングでした。 数年前、アリゾナで開催された、Todd Garcia先生のラボでの冷凍のご献体での解剖実習に参加させていただいたとき、ご献体を提供してくださった方へのTodd の尊重と感謝の思いが隅々まで行き渡り、静謐な平和な空間であったことをありありと思い出し

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。 穏やかな静かなお正月を過ごしました。 愛する人を、大切に愛する。 自分への、周りの方への労りと感謝を表現する。 内側へ意識を向け、もう、今のわたしには必要でなくなったものを、いったん宝箱に入れることに決めました。 今日からケアルームの仕事始めです。 さまざまな計画も良い節目が巡っています。 2021年、明らかに、平らかに。 どうぞ今年もよろしくお願いします。