ポリヴェーガル理論とラヴィングタッチケア

今日はブレイン・アクティベート協会主催の

「臨床でも日常でも使える ポリヴェーガル・アプローチ~神経系の発達、愛着、調整をサポートするために私たちにできること~」参加のために川崎へ。

臨床心理士さんとカイロプラクターさん中心の協会だからか、

身体と心理のバランスが取れたとても密度の濃い内容でした。

講師は、世界各国で学んでこられたソマティックエクスペリエンシングの尊敬する浅井咲子先生。

イリノイ大学名誉教授である神経科学者ステファン・ポージェスの

多重迷走神経理論(ポリヴェーガル理論)が去年、ようやく邦訳されたことから、

一気に各領域から注目されています。

何年か前にポリヴェーガル理論を知り、原著を地道に読み解いてきたのですが、花丘先生の素晴らしい邦訳のおかげで理解が深まっています。

ラヴィングタッチケア として構築してきた

「触れる在り方」が、

「安全安心」な環境がヒトの神経システムに働きかけるという、ポージェス博士の提唱する社会神経系を活性化する神経エクササイズそのものであったのです!

背側迷走神経と腹側迷走神経、

交感神経などの神経系の発達の視点から、

トラウマや愛着についての理解を深め、

神経エクササイズを行いました^ ^

そして、とても嬉しいことがありました。

懇親会で名刺交換させていただいた方が、

なんと、拙著をよんでおられてファンだとおっしゃってくださったのです^ ^ 

なんとお二人も!!

こんなことがあるのですね。

ご一緒させていただいた皆さま、

ありがとうございました😊

151回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人体のもっと奥へ Todd Garciaの解剖ライブストリーミング

新年早々から、素晴らしい学びになりました。 アナトミートレイン筋膜解剖オンラインクラス、頭頸部にフォーカスした2日間6時間のライブストリーミングでした。 数年前、アリゾナで開催された、Todd Garcia先生のラボでの冷凍のご献体での解剖実習に参加させていただいたとき、ご献体を提供してくださった方へのTodd の尊重と感謝の思いが隅々まで行き渡り、静謐な平和な空間であったことをありありと思い出し

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。 穏やかな静かなお正月を過ごしました。 愛する人を、大切に愛する。 自分への、周りの方への労りと感謝を表現する。 内側へ意識を向け、もう、今のわたしには必要でなくなったものを、いったん宝箱に入れることに決めました。 今日からケアルームの仕事始めです。 さまざまな計画も良い節目が巡っています。 2021年、明らかに、平らかに。 どうぞ今年もよろしくお願いします。