ホリスティックアロマケア講座、香りと心と身体

最終更新: 2020年12月4日

ホリスティックアロマケア講座2日間、終了しました。




5月の開催予定が延びに延びて、ようやくこの日を迎えることができました。嬉しい、楽しい、やっぱり、人に会って話して笑い合えるってしあわせ!

そこに植物のいのちのエネルギーが加わると、喜びとしあわせの輪が大きく広がります。

密にならないように、今回のお席を譲ってくださったみなさま、心から感謝します。









初級は植物と親しみ、香りを内側に広げ響かせ感じることから。

紅葉も美しいケアルームのベストシーズン。ベランダのローズマリーとラベンダーも花を咲かせてくれました。


香りを用いた芳香療法は、嗅覚を用いた感覚療法であり、微細なエネルギーフィールドへのエネルギー療法であり、有機化合物の集合体(植物の二次代謝物質)の心理的生理学な薬理的作用を用いる補完療法。

アロマケアはどれだけ学んでも終わりがありません。


マスクをつけての芳香療法も、十分にしあわせを感じることができることも、証明できました(N7だけど)

植物療法のイントロダクションから精油と植物と芳香に関する理論と実践は相変わらずの濃密さでした。

19 種類の精油のプロファイル、精油の化学、蒸気浴、ハンドバス、クラフトはバスソルトに始まりアロマスティックまで、感嘆符と笑い声がこだましました。

植物の懐の深さへの感謝の想いとともに大切に丁寧に、用法用量を吟味し、目的を定め、適切に安全に、植物のいのちのエネルギーをいただく方法を伝えています。

アロマ効果でお肌つやつやピカピカです!

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram