top of page

ペツェッティーノ 僕は・・

最近、あるセミナーを受けるためのレポート作成と、

その関連分野をまとめる作業に入っていて、

なかなかブログの更新ができません。

HP作りも遅々として進まず・・

年明け目標が、春目標になりました。


一度にたくさんのことを並行してできない

タイプなので、

地道にひとつひとつをこなして行くやり方が

あっているみたいです。


風邪気味の娘が「読んで~」と持ってきた

今日の絵本は『ペツェッティーノ』


『スイミー』で知られる、レオ=レオニさん作。

わたしにアクティブバースを教えてくれた、

大好きな友人が、出産祝いにプレゼントしてくれた

思い出の本。


ペツェッティーノは主人公の名前。

彼はとっても小さくて、いつも自分は

だれかの取るに足りない部品だと感じていました。

そして自分を探す旅にでかけます。

走るのが得意なやつや、強いやつ、泳ぐやつや

飛んでるやつに、

自分は誰なのか尋ねて回ります。

答えの見つからないペツェッティーノは

こなごなじまへたどり着き、

粉々にくだけてしまいます。

そしてやっと、分かるのです。

自分は何者なのか。

「ぼくはぼくなんだ!」とペツェッティーノが

叫ぶシーンはいつも涙が出てきます。


子どもたちはこの本が大好きで、

何度も何度も読んでとせがんできます。

そしてやっぱり、

「ぼくはぼくなんだ!」のところで

ちょっと安心したような嬉しそうな顔に

なるのです。

「あったりまえやんなあ。

ぼくはぼくやん!」

Comments


bottom of page