ニューロフィードバック、意識と脳の可視化

今年は、いろんな領域の専門的な学びを、さらに大きく広げています。

乳幼児の発達、感覚統合、口腔へのアプローチ、応用行動分析、心理学、ニューロフィードバック、筋膜、解剖学、神経系、神経機能学。

専門用語を一つ一つ確かめ、わたしのペースで、試験を受け、資格もたくさん取得しました。

すべてはタッチケアのため^ ^

今日はニューロフィードバックの指導者一級の認定を取得しました。

エネルギー療法やタッチセラピーを実践していると、意識についての問題が付き纏います。計測不可能なものを、いかに再現性をもたせられるか。だれにでも、いつでも、できるために、何が必要とされているのか。

エネルギー医学を少しかじったなら必ず耳にするシューマン共鳴波や共鳴、コヒーレント。用語として、現象として理解できているけれど、共鳴していることを客観的に示すことはやはり困難。

数年前にある学会で、ニューロフィードバックについてのご講演を聞き、自閉症スペクトラム症候群のこどもたちへ、臨床的に使われていると聞き学び始めました。

左脳と右脳で起こっていること、脳がシンクロしている状態、感情と身体反応が密接に関わること、呼吸法や瞑想法が人によって正反対の反応になること、7.8Hzと共鳴しているとは、左脳と右脳が共同的に働いていないときに起こること、一緒にいる人と脳の同期化が起こること、イメージと言葉、香りが与える影響などが、はっきり目に見えることが面白く、とうとう、脳波を測定して、タッチケア時の変化を測りたいと思うようになりました。

これまでに学んできたさまざまなテクニックの理論を裏付けるような視点も得ることができました。

来年は、ケアルームでもニューロフィードバックを始め、新しいメニューも展開していきます。

楽しみにしていてくださいね^ - ^

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、こころでふれる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ

医療的ケアが必要な赤ちゃんへのタッチケア歌♪

小児病棟でのタッチケア活動でした。 今日は台風のような暴風で、病院まで自転車で30分ほどの道のりが、風にあおられて前に進まず、途中であきらめて自転車を駐輪場に止め、電車と徒歩でたどり着きました^ ^みなさまは大丈夫でしたか? 小児病棟を中心に、さまざまな科を周ります。 長期の入院をしている小さなこどもたちには、できるだけ新しい歌とタッチケアをお伝えしたいのです。 なるべく単純で、聞いたことのあるメ