タッチケアと歩んだ時間

最終更新: 2020年12月4日

とても懐かしい写真がタイムラインに流れてきて しばし、見入りました。 7年前のNPO法人タッチケア支援センターさんの第四回関西タッチケアフォーラムで講演をしているはやしです。



(タッチケア支援センターさんからお写真をお借りしました。ありがとうございます。) この頃は髪も長かった。 いくつかのNPO法人を運営し、ラヴィングタッチプロジェクトを立ち上げたばかりのころでした。 フォーラムのテーマは「子どものこころとからだとタッチケア」。 素晴らしい登壇者の方々でした。 思い出すだけで、ハートが温かくなり、 闘士が湧いてくるような! タッチケアの師と仰ぐ桜美林大学教授の山口創先生、タッチケア支援センター理事長の中川玲子さんともご一緒させていただき、 タッチケアについての貴重な知見を学ばせていただきました。 あれから7年。 私たちはどこまで歩いてこれたかな、と思います。 タッチケアがさまざまな領域で少しづつ知られ、実践されるようになってきました。 講演会などでも、「聞いたことがある」という方も増えてきました。 新型コロナの自粛期間も、タッチケアについてのお問い合わせをたくさんいただきました。 わたしは、今、NICUとGCUに入院している赤ちゃんやこどもたちへのタッチケアを動画にするための準備にかかりっきりです。 多くの方の思いと知恵と経験が、必要とされる方へ丁寧に届くように精進します。これからもよろしくお願いします!

NPO法人タッチケア支援センターさまのブログ記事はこちら

https://touchcare.exblog.jp/21366396/?fbclid=IwAR3mcFdq6RRwoNb2xdvr1mTkmGj7DjTtIUFz21jG3y2XjrwUkfuuZP0NKOo

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人体のもっと奥へ Todd Garciaの解剖ライブストリーミング

新年早々から、素晴らしい学びになりました。 アナトミートレイン筋膜解剖オンラインクラス、頭頸部にフォーカスした2日間6時間のライブストリーミングでした。 数年前、アリゾナで開催された、Todd Garcia先生のラボでの冷凍のご献体での解剖実習に参加させていただいたとき、ご献体を提供してくださった方へのTodd の尊重と感謝の思いが隅々まで行き渡り、静謐な平和な空間であったことをありありと思い出し

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。 穏やかな静かなお正月を過ごしました。 愛する人を、大切に愛する。 自分への、周りの方への労りと感謝を表現する。 内側へ意識を向け、もう、今のわたしには必要でなくなったものを、いったん宝箱に入れることに決めました。 今日からケアルームの仕事始めです。 さまざまな計画も良い節目が巡っています。 2021年、明らかに、平らかに。 どうぞ今年もよろしくお願いします。