タッチケアと歩んだ時間

最終更新: 2020年12月4日

とても懐かしい写真がタイムラインに流れてきて しばし、見入りました。 7年前のNPO法人タッチケア支援センターさんの第四回関西タッチケアフォーラムで講演をしているはやしです。



(タッチケア支援センターさんからお写真をお借りしました。ありがとうございます。) この頃は髪も長かった。 いくつかのNPO法人を運営し、ラヴィングタッチプロジェクトを立ち上げたばかりのころでした。 フォーラムのテーマは「子どものこころとからだとタッチケア」。 素晴らしい登壇者の方々でした。 思い出すだけで、ハートが温かくなり、 闘士が湧いてくるような! タッチケアの師と仰ぐ桜美林大学教授の山口創先生、タッチケア支援センター理事長の中川玲子さんともご一緒させていただき、 タッチケアについての貴重な知見を学ばせていただきました。 あれから7年。 私たちはどこまで歩いてこれたかな、と思います。 タッチケアがさまざまな領域で少しづつ知られ、実践されるようになってきました。 講演会などでも、「聞いたことがある」という方も増えてきました。 新型コロナの自粛期間も、タッチケアについてのお問い合わせをたくさんいただきました。 わたしは、今、NICUとGCUに入院している赤ちゃんやこどもたちへのタッチケアを動画にするための準備にかかりっきりです。 多くの方の思いと知恵と経験が、必要とされる方へ丁寧に届くように精進します。これからもよろしくお願いします!

NPO法人タッチケア支援センターさまのブログ記事はこちら

https://touchcare.exblog.jp/21366396/?fbclid=IwAR3mcFdq6RRwoNb2xdvr1mTkmGj7DjTtIUFz21jG3y2XjrwUkfuuZP0NKOo

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram