top of page

セラピューティックタッチ研修開催

梅雨の晴れ間。

今日はお客様が、素敵な太陽の写真を

何枚ももってきてくださいました!


大きな天災や信じられないような事件が続き、

人が人を信じられなくなりそうな世界。


このままで人間は大丈夫なの?

地球はどうなってしまったの?



わたしたちの本質が愛そのものである存在だというのに

この世界にはそのことを忘れさせ、

見失わせるようなトラップが張巡らされています。


お互いに信じられなくなり、

自暴自棄になり、

思い込みの中で孤独を感じているこの瞬間にも

太陽は素晴らしい恵みをもたらしてくれています。

そんな太陽や自然の優しさを再認識できる写真を

ケアルームでも飾ろうと考えています。

みなさま、楽しみにしていてくださいね!


さて、7月6日、

セラピューティックタッチのセミナーを

開催します。

心身医療研究会はいままで

JACT(日本代替相補伝統医療連合会議)に属していましたが

この春、JACTが統合医療学会と統合したため

名称がIMJ日本統合医療学会に変更しました。


IMJ心身医療研究会の第1回は

アメリカのペパー博士をお招きして

セラピューティックタッチのセミナーを開催します。


大変申し訳ありませんが、今回のセミナーは

対象者を医療従事者、ボディワーカー、アロマセラピストなどの

専門職の方に限らせていただきます。

なにとぞご了承くださいm(__)m


■2008年7月6日(日曜日)

■13:30ー17:00(開場13:00)

■関西医科大学附属病院南館7階 小会議室

■学生料金・・・3000円

会員料金・・・5000円

日本統合医療学会(IMJ)会員

日本ホリスティック医学協会会員・学生(学生証提示)AHCP認定卒業生     

一般料金・・・6000円




セラピューティック・タッチの創始者である

ニューヨーク大学看護学部名誉教授のドロレス・クリーガー博士が、

ヒーラーのドーラ・クンツと看護ケア技術として

確立すべく研究していた1970年代に、

脳波などの精神生理学的手法を用いた

共同研究を行っていたエリック・ペパー博士による

特別講習会を開催いたします。

ペパー博士自身も当時セラピューティック・タッチを学び実践しており、

今回の講習会では、科学的検証を交えながら

セラピューティック・タッチの実際について学ぶことができます。


セラピューティック・タッチは手を使った癒しの技です。

この手法は人々の自己治癒力を高めるための

非言語的コミュニケーションツールです。

本ワークショップでは、セラピューティック・タッチの基礎、

研究、実践のための基本と応用など、

治癒プロセスを促すための実際の関わり方と

自分自身でできる練習法について体験実習を通じて学びます。

具体的には、セラピューティック・タッチを使った健康増進、

リラクセーション、病気の症状や痛みの軽減や、

バイオフィードバックや認知療法との併用法について

実習を交えながら解説いたします。



まもなく定員になります。

お申し込みの方はお早めに!


ちらしの案内をご希望の方は

ご連絡くださいね。


Comments


bottom of page