top of page

サトルフィールドでのセラピー

今日は東京です。

N系のぞみに乗りパトリシア・デービスの

サトルアロマセラピーをベースに、

精油のエネルギー的側面からのアプローチを学ぶ講座に

今月と来月、何度も東京に足を運びます。

パトリシア・デービスの著書

「サトルアロマセラピー」は原著を読みましたが、

日本で出版された「聖なる香り」は版権などの問題で

すでに絶版になっています。

オークションで何万円の値段がついているとか。

待望の新版が1週間ほど前、

バーグ文子さんの訳で出版され、早速読み直しています。


東京からの帰り、

ちょうど大井川の上に

7色の雲を従えた満月が輝き、

息をのむほどの美しさでした。

帰宅して早速、ストーンたちを月光浴させています。

今、わたしの一番のブームは

いのちの源泉になっているエーテルエネルギーを

どのようにわたしたちの肉体レベル、

サトルボディレベルに取り入れ、

健やかに、豊かに、愛と調和して生きていくことが

できるか、ということ。

アロマセラピーは、植物のエネルギーである

精油を用いることで

わたしたちの心身やスピリチュアルな側面

サトルエネルギーレベルへも素晴らしい働きを

行います。


エネルギーフィールドへのアロマセラピーは

昔からとても興味がありました。

アロマセラピーのセッションを行えば行うほど、

こころ、からだ、魂をホリスティックに

包み込む植物のエネルギーの優しさ、

奥の深さにますます魅せられています。



20年近く、紆余曲折を経ながら

直感で導かれた師から学び

自然療法やエネルギーワークを行ってきました。

これまでの経験や学びを大切に、

サトルエネルギーレベルでのセッションを

もっと深めていきたいと考えています。

今回の講座は、

著書でしか出会っていないパトリシアのアプローチに

実際に触れることで、

これまでの学びにずれがないのか、

ということの確認でもあります。

気づきをより深めて

みなさんとシェアしていきたいと考えています。

Comentarios


bottom of page