top of page

クラインマン 医療人類学

触れること、人と人の関係性、癒しの根源とは・・・。

学びに終わりはなく、嗅覚や皮膚生理学やタッチングや

ケア論などを深く掘り下げて学んでいます。


今月は

医療人類学とナラティブをテーマに

何冊か発注していたのですが、

今日まとめて届きました♪


一番ほしかったのは

アーサー・クライマンの『病いの語りー慢性の病いをめぐる臨床人類学』


ハーヴァード大学医学部で

医療人類学と精神医学の教授が書いたこの本は

医療人類学の草分けであり

「古典」として読みつがれています。


350ページの大作を読むのが

楽しみです。

今からもう何十年も前、

大学の進路を考えるとき、

人類学を志していました。

医療人類学はなかでも興味がありました。

「語り」に興味があるのですね。

語られる言葉はもちろん、

語られなかった言葉にも。



病むということが

各人にとってどんな意味を持っているのか、

わたしたちアロマセラピストが

どのようにケアやサポートすることが

できるのか、

病が疾病となるのはどんなときか、

を考える週末になりそうです。


Comments


bottom of page