ふれる、まなざす、愛を伝える。ラヴィングタッチケアアドバンス講座



週末は愛とともに優しくふれる、ふれられるラヴィングタッチケアアドバンス講座♪

DAY1は〈わたしとつながる〉

生命が誕生した原初の海からつながる〈わたし〉にふれる経験がもたらす深い記憶や悲しみや喜び。

繋がって生きるために、見えない心を可視化する方法として、進化の過程で研ぎ澄ませてきた私たちの表情筋へのタッチケア。暖かいまなざし、慈愛の微笑みが、〈わたし〉の表現になりました^ ^

柔らかなまなざしで見つめられると安心感に包まれます。

DAY2は〈いきとつながる〉

いのちのエネルギーとつながる。

呼吸と呼吸が共鳴し、セラピューティックな場の中でのタッチケアはただ皮膚にふれている、という感覚を超えていくようです。

そして、DAY2最後の「声でふれる」ワーク。

人っていいなあ。わたしたちには、思いを伝え、感じる五感を与えられている。

声が心に届く。声のバイブレーションがひびきあい、支え合い、励ましあい、勇気づけ、つながり、わたしたちは愛し合う。

日本各地から集まってくださった参加者の皆さんと、初対面なのにこれだけ深く人生のシェアができるのは、「ふれる」ことが大きな要素になっているのだと思います。

「わたしって、なに」という問いかけから始まるディスカッションが本当に楽しかったです。

どのタッチも、どの涙も、どの笑顔も、どのまなざしも、どの声も、震えるように響きました。みなさま、本当にありがとうございました😊




13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram