ふれる、まなざす、愛を伝える。ラヴィングタッチケアアドバンス講座



週末は愛とともに優しくふれる、ふれられるラヴィングタッチケアアドバンス講座♪

DAY1は〈わたしとつながる〉

生命が誕生した原初の海からつながる〈わたし〉にふれる経験がもたらす深い記憶や悲しみや喜び。

繋がって生きるために、見えない心を可視化する方法として、進化の過程で研ぎ澄ませてきた私たちの表情筋へのタッチケア。暖かいまなざし、慈愛の微笑みが、〈わたし〉の表現になりました^ ^

柔らかなまなざしで見つめられると安心感に包まれます。

DAY2は〈いきとつながる〉

いのちのエネルギーとつながる。

呼吸と呼吸が共鳴し、セラピューティックな場の中でのタッチケアはただ皮膚にふれている、という感覚を超えていくようです。

そして、DAY2最後の「声でふれる」ワーク。

人っていいなあ。わたしたちには、思いを伝え、感じる五感を与えられている。

声が心に届く。声のバイブレーションがひびきあい、支え合い、励ましあい、勇気づけ、つながり、わたしたちは愛し合う。

日本各地から集まってくださった参加者の皆さんと、初対面なのにこれだけ深く人生のシェアができるのは、「ふれる」ことが大きな要素になっているのだと思います。

「わたしって、なに」という問いかけから始まるディスカッションが本当に楽しかったです。

どのタッチも、どの涙も、どの笑顔も、どのまなざしも、どの声も、震えるように響きました。みなさま、本当にありがとうございました😊




13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人体のもっと奥へ Todd Garciaの解剖ライブストリーミング

新年早々から、素晴らしい学びになりました。 アナトミートレイン筋膜解剖オンラインクラス、頭頸部にフォーカスした2日間6時間のライブストリーミングでした。 数年前、アリゾナで開催された、Todd Garcia先生のラボでの冷凍のご献体での解剖実習に参加させていただいたとき、ご献体を提供してくださった方へのTodd の尊重と感謝の思いが隅々まで行き渡り、静謐な平和な空間であったことをありありと思い出し

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。 穏やかな静かなお正月を過ごしました。 愛する人を、大切に愛する。 自分への、周りの方への労りと感謝を表現する。 内側へ意識を向け、もう、今のわたしには必要でなくなったものを、いったん宝箱に入れることに決めました。 今日からケアルームの仕事始めです。 さまざまな計画も良い節目が巡っています。 2021年、明らかに、平らかに。 どうぞ今年もよろしくお願いします。