2021年立春

2021年立春から変わったこと。

施術時のユニフォームを白衣に戻しました。


わたしが卒業したホリスティックケアスクールでは白衣着用がデフォだったので

数年はなんの疑問もなく施術ウエアとして使っていたのですが、

当時アロマケアを行っていた緩和ケア病棟やクリニック、セラピールームで

医療従事者と間違えられたことがあり、

知識も経験も乏しいわたしが、そのような誤解をさせてしまうなんて、医療者に失礼になると反省し、

白衣を封印しました。

いつか、また、自信を持って着れるように。


そこから17年かかりましたが、今朝、いつものユニフォームの隣にかけてある白衣にすっと手が伸びました。

着てみると、なんか、良いやん。



外は寒いけど、ほかほかのケアルームでお待ちしています^ ^

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

こどもの発達と脳の機能から子どもへの支援を考える

こどもの発達支援に関わる方や、子育て中のお母さんを対象にした発達講座をオンラインで開講しました。 この講座は、大阪大学大学院、連合小児発達学研究科、こどものこころの発達研究センターと連携し、国内外の最新の研究成果をわかりやすく、教育や子育ての現場に届けることを目的としたプログラムで、わたし自身はこのプログラムによって、新生児からAYA世代のこどもたちへの理解につながり、支援の引き出しが増えました。

赤ちゃんの好きな声

小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア レッスン。オンラインがメインになりつつありますが今日は訪問です。 電車を乗り継いで来ていただくのは負担が大きいので、去年からは初回は訪問、あとはオンラインで、という形が主流になってきています。 マスクに手袋に手洗いに手指消毒、と物々しい厳重体勢なので赤ちゃんに表情を見せることができないことが残念ですが、お母さんにお願いをして、豊かな表情と声を使っていただきます

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

  • Facebook
  • Instagram