こどもたちのこころとからだへ

昨夜は娘と夜中2時すぎまで語り合っていたので、

起きられるか心配だったのですが、

朝8時スタートのビルディングブロックアクティビティの創始者、

セシリア・ケスター直々のオンライン講座に間に合いました。

BBAは特別支援を必要とする人の身体的基盤をつくるエクササイズ。

認定講座は数年前に修了していますが、

今日は初心者に向けたエクササイズ中心の講座でした。

身体へのリズミカルな刺激で、

神経系が活性化されました。

シンプルで心地よい刺激は、汎用性がありますね。

7月8月は新規のクライアントが増え、

あっという間に9月末までほぼすべてのご予約枠が埋まりました。

その多くは、保育園児や小学生、中学生、高校生、大学生などのこどもたち。

新型コロナでの活動制限は、じわじわとこどもたちの心から活力を奪い、養育者の心身も大きな負担で、一緒に倒れてしまいそうです。

どんなサポートが適しているかな、

身体から、心理面から、認知から、行動から、

遊びから、歌うことから、見つめ合うことから。

わたしはわたしにできることを、淡々と熱く、

冷静に、情熱的に行うのみ。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram