がんの方へのタッチケア

ケアルームのオープン当初から

がんの方へアロマトリートメントやタッチケア を行ってきました。

ケアルームを訪れてくださる方だけでなく、

緩和ケア病棟や在宅で療養している成人や小児がんの方、

また担当医の同意を得て病院を訪れることもあります。

正確には数えていませんが、

おそらく延べ人数にして数百、一週間全てのお客様ががんの方ということも珍しくありません。


治療目的ではありませんが

侵襲度が低く、不安に寄り添うタッチケア は、

手術の前後、抗がん剤や放射線治療のさまざまな苦痛や痛みを

身体的にも精神的にも和らげ、

治療を希望へとつなげることができた、とおっしゃってくださいます。


今日も術後の抗がん剤治療と放射線治療が始まった方の病院へ。

入院してからよく眠れず、

治療への不安を口にされていましたが、

タッチケア を始めるとすぐにすーすーと眠りの中へ。


手のぬくもりだけで、「いのち」を実感できたと喜んでくださいました。


放射線治療の「匂い」対策にも植物の香りは上手に使えます。


退院したら、一緒にカリンバを弾こうね。

そんな約束をしてきました^ ^





7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

精油の体内動態

アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。テーマは精油の体内動態について。 私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」

発語を支えるタッチケア

こどもたちへのタッチケア レッスンで言葉の遅れを相談されることは多く、もちろんタッチケア だけではなく、まずは専門家へ相談されることをお勧めしますが、療育やSTの方の指導を長く受けていても、なかなか発語につながらないこともあります。 定期的に、療育の専門家であるSTさんから発語のないこどもたちへの指導方法についての研修を受けていますが、今日の内容は「発語に必要な要素」のサポートをタッチケア で行う

®©

ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森®

​大阪市都島区片町(詳細はご予約時に)

©2005つむぎの森®. All Rights Reserved.​ 

2005年にこころとからだの相談、ホリスティックケアの提供を行うケアルームとしてオープンしました。

「つむぎの森®️」「Loving Touchcare®️」「ラヴィングタッチケア®️」は特許庁により認可登録を受けた商標です。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

​48時間以内にお返事を差し上げます。

​迷惑メールフォルダに入ることも多くなっていますのでお気をつけください。

  • Facebook
  • Instagram