がんの方へのタッチケア

ケアルームのオープン当初から

がんの方へアロマトリートメントやタッチケア を行ってきました。

ケアルームを訪れてくださる方だけでなく、

緩和ケア病棟や在宅で療養している成人や小児がんの方、

また担当医の同意を得て病院を訪れることもあります。

正確には数えていませんが、

おそらく延べ人数にして数百、一週間全てのお客様ががんの方ということも珍しくありません。


治療目的ではありませんが

侵襲度が低く、不安に寄り添うタッチケア は、

手術の前後、抗がん剤や放射線治療のさまざまな苦痛や痛みを

身体的にも精神的にも和らげ、

治療を希望へとつなげることができた、とおっしゃってくださいます。


今日も術後の抗がん剤治療と放射線治療が始まった方の病院へ。

入院してからよく眠れず、

治療への不安を口にされていましたが、

タッチケア を始めるとすぐにすーすーと眠りの中へ。


手のぬくもりだけで、「いのち」を実感できたと喜んでくださいました。


放射線治療の「匂い」対策にも植物の香りは上手に使えます。


退院したら、一緒にカリンバを弾こうね。

そんな約束をしてきました^ ^





7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人体のもっと奥へ Todd Garciaの解剖ライブストリーミング

新年早々から、素晴らしい学びになりました。 アナトミートレイン筋膜解剖オンラインクラス、頭頸部にフォーカスした2日間6時間のライブストリーミングでした。 数年前、アリゾナで開催された、Todd Garcia先生のラボでの冷凍のご献体での解剖実習に参加させていただいたとき、ご献体を提供してくださった方へのTodd の尊重と感謝の思いが隅々まで行き渡り、静謐な平和な空間であったことをありありと思い出し

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。 穏やかな静かなお正月を過ごしました。 愛する人を、大切に愛する。 自分への、周りの方への労りと感謝を表現する。 内側へ意識を向け、もう、今のわたしには必要でなくなったものを、いったん宝箱に入れることに決めました。 今日からケアルームの仕事始めです。 さまざまな計画も良い節目が巡っています。 2021年、明らかに、平らかに。 どうぞ今年もよろしくお願いします。