いのちと向き合う小さな人へ

最終更新: 2020年12月4日

市中病院でのタッチ ケア活動日。

小さなこどもたちへ、宝物に触れるようにまなざしと呼吸と温かい手で触れるタッチ をお母さんにお伝えしています。

たくさんの医療機器が身体を覆い、ほんのわずかな部位にしか触れることができません。

朝からずっとしんどくて泣き続けていた小さな人が、お母さんのほわっとした手でなでられると、すーっとまどろみ、微笑みを浮かべて安心して寝入ります。

手のひらに乗るくらい小さかった人が、1年で大きく成長し、いたずらな目の輝きを見せてくれます。

ともすると見逃してしまうような繊細な動きで、言葉以上に内側で起こっていることを表現してくれる小さな人たち。

新しくバージョンアップしたタッチケアリーフレットも活躍しました。

今空があまりに美しいので、日没の大坂城ランへ!



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人体のもっと奥へ Todd Garciaの解剖ライブストリーミング

新年早々から、素晴らしい学びになりました。 アナトミートレイン筋膜解剖オンラインクラス、頭頸部にフォーカスした2日間6時間のライブストリーミングでした。 数年前、アリゾナで開催された、Todd Garcia先生のラボでの冷凍のご献体での解剖実習に参加させていただいたとき、ご献体を提供してくださった方へのTodd の尊重と感謝の思いが隅々まで行き渡り、静謐な平和な空間であったことをありありと思い出し

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。 穏やかな静かなお正月を過ごしました。 愛する人を、大切に愛する。 自分への、周りの方への労りと感謝を表現する。 内側へ意識を向け、もう、今のわたしには必要でなくなったものを、いったん宝箱に入れることに決めました。 今日からケアルームの仕事始めです。 さまざまな計画も良い節目が巡っています。 2021年、明らかに、平らかに。 どうぞ今年もよろしくお願いします。