医療的ケアが必要な赤ちゃん・こどものためのタッチケア教室
®©

タッチケアは優しく肌にふれることで、心と身体を整え、乳幼児の成長と発達を促し、母子(親子)の相互作用と愛着形成を促す育児支援の方法です。

 

お母さんのお腹にいる妊娠期からタッチケアは始まり、入院中の新生児から乳児早期、あるいは幼児、思春期までを対象にしています。

毎日、発達をしているこどもたちにとって、心地よい感覚刺激を用いた運動感覚刺激法の側面もあります。

 

大切なお子様の痛みを和らげ、笑顔を増やしたい、楽しい時間を共有したい・・。
症状や障害のある子どもをもつお父さん、お母さん、ご家族の方、を対象にした小児タッチケアレッスンを行っています。

家族の思いを優しい愛のこもったタッチで伝えるレッスン教室です。
 

触れることは触れられること。

タッチケアを受けた子どもも、タッチケアを行うご家族も、心身を整えるホルモン分泌が促され、落ち着きや安心、痛みの緩和や、自己肯定感の向上などが報告されています。

 

さまざまな疾患や症状をもつ子どもへのタッチケアは、20年にわたって子どもたちやその家族に関わり、タッチケアの研究指導を行っているアメリカ・リトルキッズ協会の創始者ティナ・アレン氏により提唱されました。

ティナ氏はロサンゼルスの病院で、米国初の包括的な小児タッチセラピープログラムを実施し、難病を持ったリハビリ中の子供たちに関わるマッサージセラピストや医療関係系者を対象にした、マッサージトレーニングプログラムを実施しています。
難病を持った子供たちのなかには、新生児およびNICUにいる子どもたちや、網膜神経芽細胞腫、二分脊椎、脳性まひを持った子供たちがいました。こうした経験をもとに、子ども病院やメディカルセンターで小児マッサージプログラムを開発し、世界中で指導、および指導者の育成に携わり、タッチセラピープログラムをはじめ、ベビーマッサージ、小児タッチセラピーの分野で国際的に評価される専門家として知られています。

症状をもつこどものための小児タッチセラピストは小児に対するタッチケア療法を習得し、さまざまな病気と向き合う子供たちへのタッチケア、ご家族へのタッチケアの指導を行います。

 

こどもにとって生きることは遊ぶこと。

遊びを通して、コミュニケーションを育み、身体感覚や世界を広げます。​​

レッスン内容は訪問や市中病院、NICU、GCUなどで疾患を持つお子さま、低出生体重児、重症児のおこさまへタッチケアを指導してきたセラピストが、お子さまの在胎週数、月齢、身体的条件、その時々の状態、お母さま、お父様の心身の状態、またお母さん―お父さん―お子さまの関係性を考慮しながら心地よく楽しいタッチケアをおつたえしています。

*治療中の方は担当医師の同意書が必要になります。
*大阪京橋から30分程度であれば、ご自宅、病院への出張もいたします。オンラインでのレッスンも承っています。
 また学校やグループ、病院などへのグループ教室もご相談ください。

 

つむぎの森では、医療的ケアが必要なお子さまへご家族から「大好き」をつたえるしあわせタッチケアをご家族対象にレッスンしています。

​マンツーマンで開講しています。

全3回のレッスンになります。

*コンサルテーションを含めた1回のレッスン時間90分

*ご利用料金*

<全3回対面レッスン>11,000円(税込・テキスト代込 初回一括払い)

<1回単発対面参加>4,000円(税込・テキスト代込)

<オンラインでの全3回タッチケアレッスン>10,000円(税込・テキストは各自印刷 初回一括払い)各回1時間

<オンライン単発レッスン>3,500円(税込・テキスト代込)1時間

<ご自宅への全3回訪問レッスン>24,000円+交通費(実費)

<ご自宅訪問1回単発レッスン>8,000円+交通費実費(税込・テキスト代込)

お申込み時に、お子さまの月齢と子育ての中で気になっていることなどをお知らせください。

<持ち物>
・乳幼児さんは換えのおむつ(多めに)・替えの下着
・水分補給用の飲み物

​・水分補給用のお茶、水分、ミルク

 ・おやつなど

 

 

 

 

 

flag_animals.png

レッスン内容

fabric_circle_brown.png
fabric_circle_brown.png
fabric_circle_brown.png

1回目

2回目

3回目

・アセスメント

・基本のタッチ

・まなざしタッチ

・声のタッチ

・頭とお顔のタッチ

・お胸とお腹のタッチケア

・健やかな育ちをサポートするタッチ

​・アタッチメント

・心地よさを伝えるタッチケア

​・手遊び歌タッチア

・気になる症状へのタッチケア

​*お子さまの状態によってレッスンの内容は変わります。

*生後3ヶ月までのお子様と保育者を対象に、オプション(無料)にて新生児行動観察NBOプログラムの提供も可能です。

​*NBO(新生児行動観察) は、Brazelton Institute、Boston Children’s Hospitalとハーバード大学で開発された親子関係構築支援ツールです。NBAS(新生児行動評価)を改良した生後3 か月迄の子どもとその親への早期介入プログラムです。現在は、世界20 か国の臨床現場で導入され、母親のメンタルへルスの指標の改善、親子関係構築促進等の効果が報告されています。

akachan_bed.png
 

入院治療中の子供たちに対し、タッチケアを行うことは、身体的、心理的、感情的な面からもとても助けになります。
マイアミのタッチリサーチ研究所でのティファニー・フィールド博士の研究などからも、これらのタッチケアの心身への作用が明らかになってきました。

■タッチケアを受ける子どもたちに期待できること

*睡眠の質がよくなり、ぐっすり眠れるようになります
*からだやこころの緊張が和らぎます
*親子関係が改善し絆を育みます
*体重が増加します
*呼吸機能が改善します
*心身を整えるホルモン分泌が促されます
*落ち着きや安心を感じます
*痛みを和らげます
*自己肯定感を向上させます

■合併症などの複雑な症状と診断された乳幼児が、

タッチケアを受けることでの利点もたくさんあります。

*筋緊張のバランスを整えます

*呼吸機能を整えます

*質の良い睡眠パターンへ導きます

<注意>治療や医療行為ではありません。

ふれあいやスキンシップであるタッチケアにより、症状の緩和、心の安定、感情の安定やご家族のサポート、絆を深めることに役立ちます。

■お子さまの体調や状態によっては小児タッチセラピーを受けていただけない場合があります。まずはご相談ください。

 

*必ずご確認ください。

お子様の発達や親子のふれあいに関する質問やご相談への回答及び情報提供等を目的とするものであり、診療行為、治療行為、カウンセリング行為又はこれらに準ずる行為を行うものではありません。

お子様の発達や症状に関する診断などは行っておりません。また治療などを行いません。

必要に応じて適切な医療機関の受診等を自らの判断で行うようにしてください。また、発達や疾患に関する質問について必ず回答及び情報提供等がなされるわけではありません。予めご了承ください。

fabric_circle_white.png

タッチケア
コラム
2020/2

sankaku_garland1.png

今日は発達凸凹のあるこどもたちへの訪問タッチケアレッスン。

訪問はケアルーム近郊になりますが、オンラインレッスンも今年からスタートし、海外や幅広い地域、年齢の方からお問い合わせをいただきます。

毎日、タッチケアレッスンできたらな、といつも思います。

小児病棟でのタッチケアも、許されるならほんとうは毎日でも来て欲しい、と依頼をいただきます。

とてもとても嬉しいです。

求めている方は増えているのにまだまだ伝えられる人が足りません。わたしひとりではできないことです。

 

訪問タッチケアが良いのは、こどもたちのリラックスした普段の様子が伺えること。

初対面になるので、「おはよう!」「タッチのはやしさんだよ。今日は何をしようかな」から始まります^ ^

 

その時のこどもたちの表情、お母さんとの愛着、アイコンタクト、耳の聞こえ、目の動き、首と肩の動き、口呼吸か鼻呼吸か、歩き方、走り方、歯並び、お話しできるお子さんだったら唇の動かし方、年齢の指ができるか、もしできたらその指でメガネが作れるか、赤ちゃん人形への接し方、タオルの持ち方、などなど最初の5分で、認知や感覚、運動について多くの情報をキャッチします。

 

どんなおもちゃで遊んでいるのか、からだを動かすスペースはあるか、などもチェックポイント。

 

「発達障害のためのタッチ」をみなさん求めておられますが、実はそんな魔法のタッチはありません。

こどもの特性や興味、嗜好、発達段階に合わせたタッチケアを組み立てて、「遊び」と「面白さ」と「やってみたい気持ち」をまぶして行います。

 

こどもさんの集中できる時間は短いので、お母さんが一生懸命になりすぎないように、お話しと共に「できる方法」を一緒に考えます。

でないと、「なんでできないの!」や「お母さんがこんなに一生懸命タッチしてるのに!!」になり、安らぎのはずのタッチケアが訓練の時間になってしまいます。

 

また発達障害のかたはできるだけ、「失敗させない」環境を整えるようにしています。

発達障害や自閉スペクトラム症の方は[iPhone]と[Android]スマホのOSの違いに近いかな、と考えています。わたしはiPhoneユーザーなので、たまに父のAndroidを触ると、全くお手上げです。

脳のシステムの違いだという考え方を支える研究などから、優劣ではなくdiversity多様性だし、differenceだと捉えると、サポートできる範囲も視点も広がります。

 

今日出会ったこどもたちも、お母さんにいっぱい笑顔でタッチしてもらいました!

すると、お子さん2人が今度はお母さんになでなでタッチとチュー♪

お母さんも嬉しくて泣いてしまいました。念願の三輪車が乗れるようになったよ。

触れることでの絆を育む特別な時間を少しづつ積み重ねています。