​医療的ケアが必要なこどものための
​タッチケア教室

ご家族からのタッチケアレッスン

タッチケアは、乳幼児(低出生体重児を含む)の成長と発達を促し、母子(親子)の相互作用と愛着形成を促す育児支援の方法です。

 

お母さんのお腹にいる妊娠期からタッチケアは始まり、入院中の新生児から乳児早期、あるいは幼児、思春期までを対象にした

手を用いたこころを伝える運動感覚刺激法の側面もあります。

 

 

症状や障害のある子どもをもつお父さん、お母さん、ご家族の方、を対象にした小児タッチケアレッスンを行っています。


大切なお子様の痛みを和らげ、笑顔を増やしたい、楽しい時間を共有したい・・。
ご家族の思いを優しい愛のこもったタッチで伝えるレッスン教室です。
触れることは触れられること。


タッチケアを受けた子どもも、タッチケアを行うご家族も、

心身を整えるホルモン分泌が促され、落ち着きや安心、痛みの緩和や、

自己肯定感の向上などが報告されています。

さまざまな疾患や症状をもつ子どもへのタッチケアは、

10年以上にわたって子どもたちやその家族に関わり、タッチケアの研究指導を行っている

アメリカ・リトルキッズ協会の創始者ティナ・アレン氏により提唱されました。

ティナ氏はロサンゼルスの病院で、米国初の包括的な小児タッチセラピープログラムを実施し、

難病を持ったリハビリ中の子供たちに関わるマッサージセラピストや医療関係系者を対象にした、

マッサージトレーニングプログラムを実施しています。
難病を持った子供たちのなかには、新生児およびNICUにいる子どもたちや、網膜神経芽細胞腫、

二分脊椎、脳性まひを持った子供たちがいました。
こうした経験をもとに、子ども病院やメディカルセンターで小児マッサージプログラムを開発し、

世界中で指導、および指導者の育成に携わり、タッチセラピープログラムをはじめ、

ベビーマッサージ、小児タッチセラピーの分野で国際的に評価される専門家として知られています。

症状をもつこどものための小児タッチセラピストは小児に対するタッチケア療法を習得し、

さまざまな病気と向き合う子供たちへのタッチケア、ご家族へのタッチケアの指導を行います。

 

レッスン内容は、お子さまの在胎週数、月齢、身体的条件、その時々の状態、お母さま、お父様の心身の状態、

またお母さん―お父さん―お子さまの関係性を考慮しながら心地よく楽しいタッチケアをおつたえしています。

*治療中の方は担当医師の同意書が必要になります。
*大阪京橋から30分程度であれば、ご自宅、病院への出張もいたします。
 また学校やグループ、病院などへのグループ教室もご相談ください。

■子どもへのタッチケア、あるいはご家族と子どもへのタッチケア指導 

初回90分・・・3500円(税込。テキスト代込・オイル代は別途) 2回目以降3000円(税込.オイルは別途)

(出張の場合は別途交通費)

入院治療中の子供たちに対し、タッチケアを行うことは、

身体的、心理的、感情的な面からもとても助けになります。
マイアミのタッチリサーチ研究所でのティファニー・フィールド博士の研究などからも、

これらのタッチケアの心身への作用が明らかになってきました。

■タッチケアを受ける子どもたちに期待できること

*ゆっくりと眠れるようになります
*緊張が和らぎます
*親子関係が改善し絆を育みます
*体重が増加します
*呼吸機能が改善します
*心身を整えるホルモン分泌が促されます
*落ち着きや安心を感じます
*痛みを和らげます
*自己肯定感を向上させます

■合併症などの複雑な症状と診断された乳幼児が、
タッチケアを受けることでの利点もたくさんあります。

*筋緊張の改善
*関節可動域の改善
*呼吸機能の改善
*睡眠パターンの改善
*消化機能の改善

■医師の同意のもとでの小児タッチセラピーが適用される症状例

<注意>治療ではありません。

タッチケアにより、症状の緩和、心の安定、感情の安定やご家族のサポート、絆を深めることに役立ちます。

  • ぜんそく

  • ADHD(注意欠陥多動障害)

  • アトピー性皮膚炎

  • カナー症候群(低機能自閉症)

  • 火傷

  • がん

  • 脳性まひ

  • 膿胞性繊維症

  • 皮膚炎

  • 糖尿病

  • ダウン症

  • 繊維筋痛症

  • HIV

  • 白血病

  • 外傷後ストレス障害(PTSD)
     

■小児タッチセラピーを受けていただけない場合

  • 発熱しているとき

  • 炎症があるとき

  • 高血圧

  • 急性感染症・ブドウ球菌感染症・または伝染性の疾患

  • ヘルニア

  • 骨粗鬆症

  • 静脈瘤

  • 骨折

  • 開放創・痛みまたは損傷

  • 深部静脈血栓症

  • 不安定な状態

  • 血小板減少症

  • 予防接種やワクチンの直後

  • 生命に危険がある病状

  • リンパ節の腫れ

  • 血栓

  • 重度の下痢