ホリスティックリフレクソロジー講座


マンツーマンで丁寧にリフレクソロジーの手技をお伝えし、足の解剖学的見方、機能、足裏へのアプローチへの様々な視点からの仮説的な根拠、臨床研究からの考察、約100あるとされている反射区へのアプローチ、症状との関連、コンサルテーション理論、下肢のオイルトリートメント、足裏から読み解くリーディング論などを5カ月間間かけて学びます。

解剖学、生理学については事前学習とレポートの提出。毎回テストとホームワークがあります。
強いコミットが必要となります。

2020年は開講予定はありません。(2021年を予定しています。)

詳細につきましてはお問い合わせください。
全8日間事前課題、毎回のホームワークも含めて100時間のカリキュラムとなります。
修了認定試験ではモデルさんへのコンサルテーション、実技となります。


「足は、全身を映す鏡である」という見方から、実用的に心身の状態を知り、未病を防ぎ、改善を行うことができるリフレクソロジーはリラクセーション効果も高く、多くの方が深いリラックスとこころとからだの統合や満足(文字通り!)を感じておられます。練習会、症例検討会も不定期に開催しています。

「本当に使える!」手技にしていただけるよう4人までの少人数で、きめ細やかに指導しています。

​受講生からいただいた声 セラピストAさま

ありがとうございました。
リフレクソロジー講座ですがその手技以上の色んなあり方を教えていただきました。
一緒に学んだメンバーも、本当に暖かくて、刺激を受けて、支え合える方々ばかり。
半年の学びが終わったんだなぁ…としみじみ、名残惜しくもあり。
ワタシのセラピストとしての在り方に確かなものを得ることができた講座でした。
この学びとご縁をもっと深めていきたいです♪

​受講生からいただいた声 アロマセラピスト Bさま

半年間、お世話になりました。本当に感謝しています。つむぎの森の居心地の良さ、ほがらかで明るい仲間たち、懇切丁寧なスーパーテキスト!このテキストはなめるように復習しまくる予定です。そしてなにからなにまで本当に細やかに教えてくださったひろこ先生。セラピストでいることの原点を思い出させていただき、深く学ばせていただいたと思います。心から感謝します。

​受講生からいただいた声 Cさま

事前課題をもらった4月から始まっていた約半年間のホリスティックリフレクソロジー講座。

時間とお金とエネルギーといろんなものを注ぎ込んだ約半年。

ただ、足裏の反射区を学ぶだけでなく、解剖生理をもう一度洗い直しながら、その人ぜんぶをみる。

脳下垂体に 副腎に 胃に 骨盤内に

ここがこうなのに、ここはこうであるってどういうこと?

指がハンマートウになってるってどういうこと?

色が温度が湿度が弾力が、足裏すべての情報と、

表情や声や目の力、歩き方、立ち方、話す内容、話し方からもみる。

リフレクソロジーじゃなくても、普段からやっていることだけど、あらためて、足裏との関係性からみる。

試験日は、リフレクソロジーを初めて受けられる方に対して、コンサルテーションから始まり、
全身のアセスメント、フィードバックも含め、すべてが採点されます。

でも、これは、本当にいい経験でした。
セラピストを永く、1人でやっていると、客観的に見ていただくことなんてないから。

それはそれは緊張したけれど、本当によかった。

講評では、褒め上手な講師のひろこさんに褒めちぎられ(笑)、少し自信がもてました。

大変だったけれど、宝物のような半年間。大人になってこんなに真剣に必死に、
「学びたいと思って学べる」ことは幸せでした。尊敬する方からたくさんのことを学べたことも、同じ時間を共有した仲間のことも。さて。ここからがスタートライン。

​受講生からいただいた声 Dさま

とてもとても内容の濃い深い講座でした。

解剖生理学、コンサルテーション、あり方、すべてを見直す機会になりました。

こんなに学べることに喜びを感じました。

​足裏宇宙、本当に素晴らしいです。これからも深めます。